【清水】毘沙門天妙法寺で首脳陣、選手、スタッフらが必勝祈願

2018年2月20日18時24分  スポーツ報知
  • 護摩木を炎に入れる竹内主将

 J1清水エスパルスは20日、全体練習終了後に静岡・富士市の富士毘沙門天妙法寺で必勝祈願を行った。ヤン・ヨンソン監督(57)ら首脳陣、選手、スタッフら約70人が出席した。

 同地での必勝祈願は15年以来3年ぶり。イレブンは願いを込めた護摩木を炎に入れて決意を新たにした。久米一正GM(62)は「みんなで一緒になり、一つのオレンジの球になっていこうという儀式。選手も我々の狙いを感じてくれたんじゃないか」と話した。

 ヨンソン監督も「一体感を持って祈りをささげられたのは良かった。炎の力を感じた」と25日の開幕・鹿島戦に向けて士気を高めた様子。選手は祈願終了後、足の痛みを取り、丈夫にすると言われる「くつ石」に触れて帰路に就いた。チームはオフを挟み、22日から練習を再開する。

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)