【山形】2度のリードを守りきれずドローも新加入FWフェリペアウベスが初ゴール

2018年3月4日18時48分  スポーツ報知
  • 前半5分にPKを決めた山形・フェリペアウベス(右、カメラ・古川 浩司)

 ◆明治安田生命J2リーグ 第2節 大分2―2山形(4日・大分銀行ドーム)

 山形はアウェーで大分と2―2で引き分け、今季初の勝ち点を手にした。

 前半5分に、新加入のFWフェリペアウベス(27)が、J初ゴール。これまで練習試合を含め、プロ入り後、失敗したことがないという得意のPKをしっかり決め先制。「立ち上がりでゴールを決められて、良かった」と振り返った。

 試合は2度のリードを守りきれず、悔しい結果となったが、背番号9は、「勝てた試合だった。それでもプラスに考えるとアウェーでの勝ち点1は大事」と前向きにとらえた。

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ