【横浜M】ポステコグルー体制で公式戦初白星「信念を貫くことができた」

2018年3月7日23時3分  スポーツ報知
  • 前半4分、横浜M・シノヅカ(左)が先制ゴールを決める(F東京GK・林)

 ◆YBCルヴァン杯グループステージ第1節 ▽A組 横浜M1―0F東京(7日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 横浜MはF東京に1―0で完封勝ちした。アンジェ・ポステコグルー監督(52)は就任3試合目で初白星を飾った。

 直近のリーグ柏戦から先発を6人変更。前半4分。MFシノヅカが「監督から言われている通り、うまく反応できた」とMF遠藤のシュートのこぼれ球にいち早く反応し、先制。同7分にDF栗原が負傷交代するアクシデントにも見舞われたが、GK飯倉を中心とした守備で完封した。

 リーグは、アウェーの開幕2連戦を1分け1敗で終えていただけに、貴重な1勝をあげたポステコグルー監督は「(リーグの)2試合も内容は良かった。信念を貫くことができた」とコメント。今季初先発で大仕事をしたシノヅカは「得点できないと焦りが出てくるし、早々に決めることができてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ