【甲府】ジネイ、敵地で先発デビュー「全て出し切る」

2018年3月11日7時35分  スポーツ報知
  • 町田戦で今季初出場が濃厚となった甲府・ジネイ

 J2ヴァンフォーレ甲府のブラジル人FWジネイ(34)が、11日のアウェー・町田戦で、先発で甲府デビューすることが10日、濃厚となった。韮崎市内で行われた前日練習でも軽快な動きを披露した背番号9。ここまで1引き分け1敗のリーグ戦で「全てを出し切る」と、全力プレーで初勝利に貢献すると誓った。

 甲府での公式戦初陣を前にジネイは「準備はしている。(出場したら)自分にとって特別な試合。チームを勝ち点3に導きたい」と意欲を示した。1月17日に加入が発表され、同23日からチームに合流。開幕戦(2月25日)のアウェー・大宮戦(1●2)はベンチ外だったが、コンディションも上がり、前節(3日)のホーム・東京V戦(0△0)ではベンチ入りを果たした。そして、いよいよ巡ってきた初出場のチャンスに、気持ちは高ぶっていた。

 チームは7日、ホームでのルヴァン杯で、リーグ戦から大幅にメンバーを入れ替えた中、J1札幌に3―0と完勝した。同じブラジル人のFWジュニオールバホス(24)が2得点と活躍し、定位置争いも激化している。吉田達磨監督(43)は「ジネイに期待するのは得点。結果を残していかないといけないと分かっているはず」と頼もしそうだった。

 リーグ戦でのチーム総得点は、エースのブラジル人FWリンス(30)のPKによる1点のみ。町田戦で最前線に入ることが見込まれるジネイは「ゴールも、守備も、意識している。自分はセンターフォワード。空中戦も武器になる。試合が楽しみ」。昨季J2だった湘南で12得点を挙げた助っ人ストライカーが、新たな得点源となる。(古川 浩司)

 ◆ジネイ(テルマリオ・デ・アラウージョ・サクラメント)1983年11月11日、ブラジル生まれ。34歳。ヴィトーリア(ブラジル)やセルタ、テネリフェ(以上スペイン)などを経て2015年に鹿島へ加入。16年6月に鹿島を退団し、同年8月に練習参加を経て湘南へ加入。今季より甲府へ完全移籍。J1通算20試合4得点、J2通算33試合12得点。186センチ、76キロ。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)