「キャプテン翼」巨大ステンドグラスが埼スタ最寄り・浦和美園駅に登場

2018年3月11日15時28分  スポーツ報知
  • 浦和美園駅に登場したキャプテン翼の巨大ステンドグラス(提供・日本交通文化協会)

 漫画家の高橋陽一氏が原画・監修をした巨大ステンドグラス「キャプテン翼~世界に翔け~」が埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線の浦和美園駅に完成し11日、除幕式が行われた。縦1・59メートル、横19・75メートルの大作には大空翼、岬太郎、日向小次郎、若林源三、葵新伍、シュナイダー、ナポレオン、ヘルナンデス、ナトゥレーザ、肖俊光、ロベルト本郷ら99人のキャラクターや、ツインシュート、スカイラブハリケーンや名場面が満載。日本交通文化協会により通算526作品目のパブリックアートとなった。

 式に出席した高橋氏は「日本代表がもっともっと強くなることへの願いも込めて描いている。もっと日本代表が強くなることを願っています」と6月14日に開幕するロシアW杯に出場するハリル・ジャパンにエール。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「高橋先生は(作品の中で)世界を目指していた。日本代表は高橋先生の夢にはまだ届いていないので頑張りたい」と決意を語った。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)