【鹿島】シドニーFCと引き分けAFC1次リーグ突破お預け 金崎「勝たないとダメ」

2018年3月13日20時59分  スポーツ報知
  • 前半27分、鹿島・金崎が先制点を決める

 ◆アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ ▽H組 鹿島1―1シドニーFC(13日、カシマスタジアム)

 H組首位の鹿島のアジアチャンピオンズリーグの1次リーグ(L)突破はお預けとなった。13日、同1次L第4節で、オーストラリア王者のシドニーFCとホームで対戦。FW金崎が前半27分に頭で先制ゴール。前半を1―0で折り返したが、後半25分に1点を返され1―1。H組最下位のシドニーFCと勝ち点1を分け合う形になった。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が視察に訪れた中、代表復帰を狙う金崎が躍動した。0―0で迎えた前半23分、ゴール中央でボールをもらうと、素早く反転して右足を振り抜いた。ボールは枠をとらえられなかったが、積極的にシュートを放つ。

 前半27分、こぼれ球に素早く反応し、ヘディングシュート。先制点を奪った後も、果敢にゴールを狙った。後半に入っても3人に囲まれながら自慢のドリブル突破で、相手陣深くまで進入した。

 しかし同25分、左クロスからヘディングシュートを決められ1―1。3分後にも左サイドを突破されると、相手FWが至近距離からシュート。あわや逆転のピンチだったが、シュートはゴール右に外れた。後半43分には、金崎がドリブル突破から右足を振り抜くも、シュートは大きく枠を外れた。

 鹿島は、2勝2分で勝ち点8で首位は変わらず。勝てば、2試合を残して1次L突破条件の2位以内が確定するはずだったが、次節以降に持ち越しとなった。金崎は「勝たないとダメ。残念な結果」と悔しさをにじませた。日本時間の13日午後9時から、勝ち点4で2位の水原三星(韓国)と、同3で3位の上海申花(中国)が対戦する。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)