【札幌】小野、今季1分け3敗のチーム初勝利に導く「勝たないとリズムに乗れない」

2018年3月14日7時10分  スポーツ報知
  • パスを出すMF小野(中央)

 J1北海道コンサドーレ札幌MF小野伸二(38)が、今季初勝利で停滞感を振り払う。札幌は14日、札幌ドームでルヴァン杯の磐田戦に臨む。今季公式戦は1分け3敗と白星のない状況の打破へ、小野は「勝たないとリズムに乗れないし、自信も持てない。ここでいい結果を出さないと」と13日の練習後、勝利への意気込みを口にした。

 昨季は開幕から1分け2敗で迎えたルヴァン杯初戦で磐田を2―0で下し、続く広島戦でリーグ戦初白星を挙げた。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(60)に指揮官が代わった今季、新しい札幌スタイルへの確信を得るためには、勝利こそが何よりの近道と捉えている。

 「ボール保持率がいくら上がっても勝たないと意味はない。いい時間帯に点は取れている。2点目、3点目を決められるように、みんなでやっていきたい」。勝利へ導くためのあと一押しを、小野がピッチで自ら示していく。(砂田 秀人)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)