【清水】白崎凌兵が1か月ぶり完全合流…25日・湘南戦で実戦復帰

2018年3月23日9時0分  スポーツ報知
  • 右足で痛烈なシュートを放つ白崎(左)

 J1清水エスパルスは22日、3日間のオフ明けで練習を再開した。左股関節に痛みを訴えて離脱していたMF白崎凌兵(24)が、約1か月ぶりに合流。25日の湘南との練習試合(三保)で実戦復帰する見込みとなった。

 出遅れていた背番号10が帰ってきた。白崎はゲーム形式を含め、午前、午後の全メニューを消化。「練習試合に向けてやっていく」と前を向いた。

 紅白戦形式ではFW長谷川と2トップでプレーした。ヤン・ヨンソン監督(57)は「一つの選択肢。下がってボールを受けることもできるし、外から中に入ってくることもできる」と意図を説明。反転から右足でゴールを決めるなど、さっそくアピールしてみせた。

 チームの3日間のオフの内、2日間を返上してトレーニング。遅れを取り戻そうと必死だ。「途中からでも入って流れを変える。早くいけるように状態を上げていきたい」。今季はキャンプから故障が続き、これが3度目の合流。徐々にペースアップし、31日の横浜M戦で公式戦出場を目指す。(武藤 瑞基)

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ