【清水】金子、自身初4戦連発へ「サイドハーフでこの先何点取れるか楽しみ」

2018年3月31日7時0分  スポーツ報知
  • 4戦連発に期待がかかる金子

 J1清水エスパルスは31日、横浜Mと対戦(午後2時・アイスタ)する。30日は本拠地で調整。MF金子翔太(22)が自身初のJ1リーグ4戦連続ゴールに挑む。

 最終調整を終えた金子が声のトーンを上げた。約2週間ぶりの公式戦。「早く試合がしたい。つないでくるマリノスには、自分たちのショートカウンターが効くと思う」。25日の湘南との練習試合で切ってしまった右目上に腫れは残るが、プレーに支障はない。

 ここまで3戦連続ゴールに2アシスト。チームで最も好調と言っていい。「僕自身、サイドハーフでこの先何点取れるか楽しみ、ワクワクがある」。J1で4戦連発なら、チームでは13年10月にFW大前(現大宮)がマークして以来5年ぶりとなる。

 1年前の3月30日は婚姻届を提出した記念日。日頃から料理などで支えてくれる夫人にも感謝の気持ちを届けたい。ホームでは昨年8月から9戦勝ちなし。さらに本拠での横浜M戦は06年7月以来、10戦白星なしと苦戦しているが、負のデータを一掃するつもりだ。「ノビノビやれば結果は付いてくる」。絶好調男が、234日ぶりにアイスタに歓喜をもたらす。(武藤 瑞基)

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ