【清水】飯田、今季公式戦初出場初先発も…18日甲府と対戦

2018年4月17日8時0分  スポーツ報知
  • 今季初出場、初先発の可能性が出てきた飯田(左)

 J1清水エスパルスは18日にルヴァン杯でJ2甲府と対戦(アイスタ・午後7時)する。左膝蓋(しつがい)骨不全骨折で2月上旬から離脱していたDF飯田貴敬(23)が今季公式戦初出場初先発する可能性が16日、浮上した。

 DF清水の故障で右サイドバックは手薄となっており、ヤン・ヨンソン監督(57)は「(飯田が)出る可能性はある」と説明。プロ2年目の今季はキャンプから好調で、一時は開幕スタメン候補に挙がっていたが練習試合で負傷。約2か月間の離脱中は眠れない夜も、食事がのどを通らない日もあったという。「やっとです。遅れた分を取り返したい」と気合を入れた。

 快足を生かした突破とクロスが武器。野洲高の先輩でもある右MF村田とのコンビネーションでサイドを制圧する構えだ。「押し込んで流れを持ってきたい」。たまったうっぷんは、ピッチで晴らす。(武藤 瑞基)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)