【横浜M】4得点もドローで公式戦5試合未勝利

2018年4月21日21時0分  スポーツ報知

 ◆明治安田生命J1リーグ第9節 横浜M4―4湘南(21日・日産スタジアム)

 横浜Mはホームで湘南に4―4で引き分けた。横浜Mは、一時2点ビハインドから追いついたが、公式戦5試合未勝利(3分け2敗)となった。

 両軍合わせて8点の乱戦は痛み分けで終わった。0―1の前半27分。GK飯倉やDF中沢ら最後尾からパスを10本以上つなぎ、最後はFWウーゴの正確なシュートで同点。今季から志向するポゼッションスタイルでゴールネットを揺らしたが、直後にロングシュートを沈められるなど終始追う展開に。それでも前後半でシュート21本を浴びせ、ウーゴのハットトリック、DFデゲネクのJ初得点で勝ち点1を奪取。リーグ戦の連敗を2で止めた。

 アンジェ・ポステコグルー監督は「非常に残念な結果。良いサッカーはしていたが、前半のミスが痛かった」と4失点した45分間を指摘。貴重なチーム4点目を奪ったDFテゲネクも「両チーム合わせて8点も入って面白かったかもしれないが、4点を奪われて良い気持ちはしない。次は失点しないように切り替えていきたい」と中3日で迎えるアウェー・札幌戦を見据えた。

国内サッカー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ