【C大阪】柿谷、ファン感謝デーで笑顔 “禁断の移籍”オファーは語らず

2018年6月17日18時56分  スポーツ報知
  • ファン感謝デーで記念撮影を行う柿谷(中央)と清武(左)らC大阪イレブン

 サッカーJ1・C大阪のファン感謝デーが17日、キンチョウスタジアムで開催された。G大阪移籍の可能性が出ているFW柿谷曜一朗(28)も参加。約2時間30分間、サポーターとの写真撮影に応じたり、同い年のMF清武と笑顔で談笑するなど、終始リラックスした表情を見せた。

 柿谷はイベント中にあいさつなどを行うことはなかったが、最後の記念撮影ではスタンドに「セレッソを愛する皆が曜一朗の仲間 桜の8番であり続けよう!!!」という残留を願うサポーターからの熱いメッセージが掲げられた。

 イベント終了後も柿谷は報道陣に対し、移籍に関するコメントは残さなかった。玉田稔社長(64)は、G大阪からオファーがあったことを認めた上で「ここに来ているということが全てでしょう」と話したが、桜の8番の決断はいかに…。“禁断の移籍”は実現するのか、今後も注目が集まる。

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)