【山形】DF三鬼海、代表・吉田麻也に刺激…名古屋時代に兄貴分として慕う

2018年6月21日4時42分  スポーツ報知
  • ミニゲームで正確なビルドアップを見せた三鬼

 J2モンテディオ山形のDF三鬼海(25)が、日本代表DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=から刺激を受けた。チームは20日、次節ホーム・徳島戦(23日午後7時)に向けて、山形・天童市内で練習を行った。紅白戦で三鬼は、正確な位置取りで相手の攻撃の芽を摘んだ。「相手を潰す守備が良くなってきた」と手応えを口にした。

 三鬼は名古屋ユース時代に、トップチームにいた吉田と同じ寮で過ごし、「ポジションは違えど目標。『調子はどう?』とか、よく声をかけてくれた」と回想した。19日のロシアW杯コロンビア戦を観戦した三鬼は「ヘディングで負けていなかったし、守備が素晴らしい」と兄貴分を絶賛。15年に長崎出身の吉田が帰郷した際、当時J2長崎に所属していた三鬼は食事に誘われた。「代表メンバーのサッカーへの姿勢などを教えてくれた」と思い出を振り返った。

 次節徳島戦に向けて背番号4は「自分のサイドを制圧したい。圧力をかけて抑える」と吉田のような堅守で、今季初のリーグ戦3連勝に貢献する。(海老田 悦秀)

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)