横浜M、福岡、神戸でプレーした元Jリーガー、古賀誠史さんがサッカー教室開催

2018年6月23日6時23分  スポーツ報知
  • 福岡市内で開催したサッカー教室で熱心に指導する古賀誠史さん(右)

 J1の横浜M、福岡(現J2)、神戸などで活躍したMF古賀誠史さん(38)が17日、福岡市内でサッカー教室を開催した。同サッカー教室は特定非営利活動法人Charity.orgがサポートし、小学校高学年の20人を対象に行われた。

 真夏のような青空の下、子供たちの笑顔が弾けた。「子どもたちがサッカーを好きだという気持ちを失わないように」という指導法を持つ古賀さんは、サッカー教室の最後に豪快なシュートを披露。参加した子ども達は歓声をあげながら、誰もが笑顔を作った。

 参加者の一寸木快君は、「プロが実際にやっているパス練習を教えてもらったこと、古賀さんとゲームできたことが楽しかった」と満足げに話した。

 古賀さんは今年1月まで、J2福岡でジュニアユース年代のコーチを務め「自分は子どもたちとボールを蹴りながら、サッカーの楽しさを伝えたい、そしてサッカーを通じてグローバルな人材を育てたい」と語り、今年4月には、イランに渡り、現地の子どもたちと一緒にボールを蹴った。

 今後はアジアの玄関口となる福岡でサッカー教室の実施回数を増やす予定。福岡の子どもたちと、アジアの子どもたちが一緒にボールを蹴りながら、交流を図る機会を作りたいと考えている。

 2012年末に現役を退いた今でも、サッカーを好きという気持ちを変わらず持つ。「子どもたちの笑顔が見れて良かったですし、何よりも一生懸命にやってくれたことがうれしかったです」。子供たちの笑顔を、次回開催の原動力にしていくつもりだ。

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)