【鳥栖】フェルナンドトーレス獲得決定!交渉二転三転の末に本人が発表

2018年7月10日16時48分  スポーツ報知
  • Aマドリードから移籍するFトーレス(ロイター)

 元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)=Aマドリード=が10日、今夏からJ1鳥栖でプレーすると発表した。ロシアW杯後にJ1神戸に加入が決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)に次いで、2人目の2010年南アフリカW杯優勝メンバーがJにやってくる。

 今季限りでAマドリードを退団するトーレスは「10日火曜日の朝9時30分(注・日本時間午後4時30分)から、私の新しい電子書籍についてメディア向けに紹介します。その際、新しいフットボール人生がどうなるか分かる」と発信していた。

 トーレスをめぐってはJ1・鳥栖が獲得に乗り出したが、5月30日にはJリーグ公式サイトで鳥栖が獲得したとフライング発表がなされ、Jリーグが謝罪文を掲載するなどの“混乱”が起きた。その後、最終的に金銭面で折り合わず破談したとされたが、二転三転の末に獲得が決まった。

 会見に出席した鳥栖の竹原社長は「大変光栄に思います」とスピーチし、背番号9の鳥栖ユニホームを手にした。さらに「誤報じゃないよ!ほんトーレス」と書かれたタオルマフラーを一緒に掲げた。

 トーレスには北米MLSのシカゴファイアーや中国スーパーリーグの北京人和、オーストラリアのシドニーFCなども獲得に乗り出し、争奪戦が繰り広げられていた。

 ◆Jリーグに加入した主なW杯優勝経験選手

 ▼82年スペイン大会=イタリア FWマッサーロ(清水)

 ▼90年イタリア大会=西ドイツ DFブッフバルト(浦和)、MFリトバルスキー(市原)

 ▼94年米国大会=ブラジル MFジョルジーニョ、レオナルド、FWベベット(以上鹿島)、MFドゥンガ(磐田)、MFジーニョ(横浜F)、GKジルマール(C大阪)、DFロナウド(清水)

 ▼02年日韓大会=ブラジル FWルイゾン(名古屋)、エジウソン(柏)

 ▼10年南アフリカ大会=スペイン MFイニエスタ(神戸)

 ▼14年ブラジル大会=ドイツ FWポドルスキ(神戸)

 ◆フェルナンドトーレス 本名フェルナンド・ホセ・トーレス・サンス。1984年3月20日、スペイン・マドリード州フエンラブラダ生まれ。34歳。Aマドリードの下部組織で育ち、2001年にトップ昇格。リバプール、チェルシー、ACミランを経て15年にAマドリードへ復帰。チェルシーでは11―12年季に欧州チャンピオンズリーグ、12―13年季に欧州リーグを制した。スペイン代表通算110試合38得点。10年南アフリカW杯優勝。08、12年欧州選手権を連覇し12年は得点王。185センチ、78キロ。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)