【富山】「圧倒的なスピードが持ち味」金沢学院大FW大谷を特別指定

2018年7月13日19時36分  スポーツ報知

 J3カターレ富山は13日、金沢学院大FW大谷駿斗(はやと、21)を2018年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請を行い、11日付で公益財団法人日本サッカー協会より承認されたと発表した。背番号は27に決まった。

 大谷は石川県出身で、身長173センチ、体重64キロ。松任高から金沢学院大に進んだ。

 クラブはプレーの特長について「一瞬にして相手の裏へ抜けられる圧倒的なスピードが持ち味の選手 シュート精度も良く、ゴール前や得点に直結するプレーでチームに貢献が出来る」と評価している。

 JFA・Jリーグ特別指定選手とは、サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的としている。全日本大学連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の第2種日本クラブユース所属チーム登録のまま、Jリーグ等の試合に出場可能となる。

国内サッカー
注目トピック