【川崎】エウシーニョ、小林弾で、J1史上2位となるアウェー17戦連続負けなし

2018年7月18日22時31分  スポーツ報知
  • 札幌と激闘を繰り広げた川崎イレブン

 ◆J1リーグ第16節 札幌1―2川崎(18日・札幌厚別公園競技場)

 川崎は前半42分にDFエウシーニョのミドルシュートが決まり、先制。1―0で突入した後半7分には左サイドから切り込んだFW小林の右足シュートで加点した。試合終了間際にはFKから1失点したが、2―1で今季2度目の3連勝とした。

 鬼木達監督(44)は「自分たちのサッカーもそうだけど、相手を見て逆を着くというかウィーク(弱点)の部分をしっかり狙ってくれた」と話した。

 昨年6月25日のG大阪戦(1△1)からアウェーは17戦連続負けなし(11勝6分け)。2006~07年の浦和、2015~16年の広島と並び、J1史上2位となった。1位は2001~03年の磐田で26。

国内サッカー
注目トピック