【柏】日本代表GK中村航輔が相手と交錯し負傷し交代「脳しんとうの疑い」

2018年7月18日23時5分  スポーツ報知
  • 後半、負傷退場した柏・中村に代わりゴールマウスを守った桐畑(カメラ・酒井 悠一)

 ◆J1リーグ第16節 柏0―1F東京(18日・三協フロンテア柏スタジアム)

 ロシアW杯メンバーの柏GK中村航輔がゴール前で相手と交錯した際に負傷し、途中交代した。後半16分、右クロスに合わせてスライディングしたF東京FW富樫敬真の膝が中村の後頭部に当たった。その場に倒れたまま動けず、担架で運ばれ交代。試合後の会見で加藤望監督は「脳しんとうの疑いがあって、そのまま病院へ向かった」と話した。試合はこの際のオウンゴールが決勝弾となり、0―1で敗戦。今季リーグ初の連勝はならなかった。

 中村はロシアW杯前の最終戦となった名古屋戦(5月20日・3〇2)でも試合中に負傷しており、リーグ2戦連続で不運に見舞われた。

国内サッカー
注目トピック