【神戸】G大阪から加入の長沢が合流! イニエスタと初絡みも「英語が…」

2018年8月14日17時38分  スポーツ報知
  • 神戸の練習に初参加した長沢

 G大阪から期限付きで神戸に加入したFW長沢駿(30)が14日、チームに初合流した。神戸市内で約1時間の非公開練習を行い「メンツはかなり豪華。一緒にサッカーをできるのはプラスになる。その中に割って入っていけるように、まずは結果を残していきたい」と新天地の印象を話した。

 「テレビで見ていた選手。間違いなくすごい選手」と尊敬のまなざしを向ける、スペイン代表MFイニエスタともこの日の練習で対面した。しかし、初めての会話は「『はじめまして』ぐらいです…」。パスの出し手と受け手として、連携が必須なポジションなだけに「英語ができないので、何とかしてコミュニケーションを取っていきたい」と今後はボディランゲージなども駆使して?コンビネーションを磨いていくつもりだ。

 昨季はチームトップの10得点を挙げるも、今季は14試合でわずか1得点となかなか結果が出せないでいる。192センチと長身が武器の大型FWは「苦しい時に頑張れるのが自分の持ち味。自分のゴールで勝利に導けるようにしたい」と新天地で再び輝くことを誓った。

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)