【川崎】7発大勝で2年連続逆転V見えた!1試合多い首位・広島と勝ち点差6

2018年9月16日6時0分  スポーツ報知
  • 後半12分、川崎・下田(中)のゴールに駆け寄って祝福する小林(左)と奈良(カメラ・頓所 美代子)

 ◆明治安田生命J1リーグ第26節 川崎7―0札幌(15日・等々力)

 2位・川崎はクラブ最多タイの7―0で4位・札幌に大勝した。日本代表FW小林悠(30)が4―0の後半13分にゴールするなど、7点中4点に絡む活躍。首位の広島は鳥栖に0―1で敗れ、1試合消化の少ない川崎との勝ち点差は6に縮まった。

 まさに森保ジャパン効果だ。4―0の後半13分。FW小林は敵陣でDF石川からボールをカットするとペナルティーエリアへ入り、左足でゴール。「みんなが点を取ると自分も取りたいなと思った」。今季12点目はダメ押し弾となった。

 森保一監督の体制下で初の日本代表合宿に招集され、11日のコスタリカ戦(パナS)では1トップで先発。2列目の南野拓実(23)=ザルツブルク=、中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=、堂安律(20)=フローニンゲン=と競演し「すごく刺激を受けましたね。若い選手が大きい相手に体をぶつけたり、削られてもすぐ立ったり…」。森保サッカーを体感し「(攻撃の)作りの部分でも顔を出そうかなと思った」。フィニッシュ以外に攻撃の組み立てにも積極的に関与する楽しさを感じた。前半30分にはMF中村のゴールをアシストするなど4得点に絡んだ。

 今季湘南から加入したMF下田の初出場初得点などもあり、すべて異なる選手がゴール。J1で1チームで1試合に7人が得点するのは2012年5月19日の鹿島―札幌(7〇0、得点者=岩政、大迫、山村、興梠、本山、ジュニーニョ、遠藤)に次ぐ2度目の最多記録となった。

 小林は札幌で大地震も経験。代表合宿を終えて12日に帰宅した際には「奥さんはすごく安心していた。子どももすごく喜んでくれて、また元気をもらった」。エースが決めた試合はここ29戦負けなし(24勝5分け)。リーグの札幌戦はJ2も含め16勝4分けと不敗を守った。「僕らは勝ち点を1でも多く積み重ねること」。広島との勝ち点差を6に詰め、大量得点によって得失点差も1に迫った。2年連続の逆転Vが、再び見えてきた。(恩田 諭)

国内サッカー
注目トピック