【清水】立田、日本代表・森保監督御前試合で猛アピール

2018年9月21日6時5分  スポーツ報知
  • 軽快にアップする立田(手前)

 J1清水エスパルスは21日にG大阪と対戦(午後7時半・アイスタ)する。20日は三保で調整。今節は日本代表・森保一監督(50)が視察予定で、U―21日本代表DF立田悠悟(20)が御前試合で猛アピールする。

 落ち着いた表情で切り出した。視察について問われた立田は「いつも通りのプレーをしたい」とコメント。前節6試合ぶりに復帰しチームは勝利するも2失点。特に2試合連続で後半ロスタイムに失点していることは修正すべき課題だ。「自分がリーダーシップを取って0で抑える。90分集中したい」と気合を入れた。

 G大阪FW黄義助(26)はオーバーエージでアジア大会に出場。決勝では得点こそ許さなかったが日本は延長の末1―2で惜敗した。「自分にとってはリベンジの場。特徴を周りの選手に伝えてうまく消したい」。ここまで10ゴールの韓流助っ人を抑え、9試合ぶりの完封に導く。(武藤 瑞基)

国内サッカー
注目トピック