【甲府】小塚「雰囲気変わった」 本拠で4か月ぶり連勝挑む

2018年9月22日7時5分  スポーツ報知
  • パスを出す小塚

 J2ヴァンフォーレ甲府が約4か月ぶりのリーグ戦連勝で、J1昇格への望みをつなぐ。21日は昭和町内でホーム・岡山戦(22日・中銀スタ)に向け、最終調整を行った。

 19日の大宮戦は1―0と勝利。リーグ戦では18試合ぶりに無失点に抑えるとともに、5戦ぶりの白星を奪った。途中出場だったMF小塚和季(24)は「練習の雰囲気も少し変わったと思うし、やはり勝つということに対して貪欲になれたと思う」と手応えを語った。

 ただ、暫定13位でJ1昇格プレーオフ出場圏内の6位までの勝ち点差は「12」と、依然として厳しい状況だけに「(ひとつ)勝って喜んでいる場合じゃない」とも話す。岡山戦では2試合ぶりの先発が濃厚な小塚は「他を気にせず、自分たちが勝つことだけを考える」。まずは5月26日の大分戦(6〇2)で4連勝してから遠ざかっている連勝を狙う。(三須 慶太)

国内サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ