【湘南】J最少タイ155センチのFW山口がリーグ戦デビュー

2018年9月23日10時8分  スポーツ報知
  • 引き分けに終わった湘南を指揮するチョウ監督

 ◆明治安田生命J1リーグ第27節 湘南1―1C大阪(22日・BMWス)

 ホームでクラブ創立50周年記念試合に臨んだ湘南は、1―0で迎えたロスタイム4分、ラストワンプレーでC大阪に同点弾を決められ引き分け。勝ち点31で14位となった。

 この試合で、柏のMF中川寛人(23)と並ぶJリーグ最少155センチ、湘南のルーキーFW山口和樹(23)がリーグ戦デビューを果たした。後半33分、FW李庭協との交代で1トップの位置へ。「出る準備はしていたので特にパニックにはならなかった」。同42分、山口は湘南のFKの流れから、敵陣で相手が出した浮き球のパスを奪い味方につなぐと、最後はDF大野和成が左足で豪快なボレーで先制した。

 得点に絡んだ山口は「押し込まれた展開で自分が入ってどう変えられるか意識していた。監督から前を向いて仕事をしろと言われていたので良かった」と振り返りながら、終了間際の失点に「勝利で終わりたかった。今日の試合をいかに次につなげるかが大事」と気を引き締めた。

国内サッカー
注目トピック