【神戸】イニエスタにSNS注意喚起 水族館の写真は試合時間外確認

2018年9月28日6時5分  スポーツ報知
  • 神戸・イニエスタ

 神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日の練習前に行われた全体ミーティングの場で、他のチームメートとともにSNSの使用に関する注意喚起を受けていたことが27日、分かった。

 欠場した23日の浦和戦(午後6時・埼玉)の前に妻のアンナさんが、神戸市内の水族館で楽しむイニエスタら家族写真を自身のSNSに投稿した。クラブはこの写真が23日の午前中に撮られたもので、試合時間に遊んでいたわけではないと確認。イニエスタは妻の投稿ということもあり、強化部からの注意喚起を聞くことにしたようだ。

 また同じく23日の浦和戦で、第三者にスタメンを漏えいしたとみられるDF高橋については、24日から練習には参加せず自宅謹慎していることが神戸のHPで発表された。クラブは「第三者による調査を進めており、本人に聞き取り調査等を行っています」と途中経過を報告。現状では処分という意味での自宅謹慎ではなく、トラブルなどを避けるための措置だという。調査結果が明らかになり次第、発表される予定だ。

国内サッカー
注目トピック