【浦和】J1で2年連続優勝!Jリーグマネジメントカップ2017発表

2018年9月28日14時39分  スポーツ報知
  • 浦和・興梠(左)

 デロイトトーマツグループは28日、Jリーグ所属全クラブを公表された2017年の財務情報などを基にビジネスマネジメントの側からランキングする「Jリーグ マネジメントカップ2017」の結果を発表し、J1は浦和が首位となった。J2は名古屋、J3は鹿児島が首位となった。

 クラブチームのマネジメントには、いかにゲームに勝つかという「フィールドマネジメント(FM)」だけではなく、いかにビジネスとして収益を上げ、また事業拡大をするかという「ビジネスマネジメント(BM)」という側面がある。「Jリーグ マネジメントカップ2017」は今年7月にJリーグから公表された54クラブの2017年の財務情報を中心に、ビジネスマネジメントにおける重要なテーマである「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」をそれぞれステージに分けて数値化し集約したもの。

 浦和はマーケティング分野では8位、経営効率分野では6位だったが、経営戦略、財務状況分野では共に1位と好成績を収め2シーズン連続、3度目の優勝となった。好成績をリードした要員は、Jリーグ随一を誇る入場者であり、それが多くのスポンサー収入やグッズ販売につながったと考えられると分析された。

 

 ◇J1の順位

 1位 浦和

 2位 川崎

 3位 鹿島

 4位 磐田

 5位 横浜M

 ◇J2の順位

 1位 名古屋

 2位 松本

 3位 千葉

 4位 大分

 5位 山口

 ◇J3の順位

 1位 鹿児島

 2位 北九州

 3位 栃木

 4位 沼津

 5位 長野

 6位 相模原

国内サッカー
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)