【C大阪】今季は尹体制「一試合一試合大事にしていく」…2年契約最終年

2018年10月11日6時5分  スポーツ報知
  • 練習を見守るC大阪の尹晶煥監督

 C大阪の玉田稔社長(65)が10日、大阪市内の練習場で取材に応じ、残りのシーズンも尹晶煥監督(45)体制で戦っていくことを明かした。G大阪に0―1で敗れた翌日の7日に強化部で話し合い、今後について議論。今季で2年契約が切れる指揮官とは「今季は今の体制でいく」ことと来季の進退は継続的に話し合うことを確認したという。尹監督は8位からの浮上へ「一試合一試合大事にしていく」と力を込めた。

 また元日本代表FW杉本が、9月22日の湘南戦で脱臼した右肩の手術を回避することを明かした。何回も右肩を痛めた経験がある日本代表DF長友に話を聞くなど検討を重ねたが「ビビっていたら何もできない」と早期の復帰を選択。20日のF東京戦(味スタ)での出場を目指す。

国内サッカー
注目トピック