2020年サッカー天皇杯、決勝戦の舞台は新装国立競技場に決定

2018年10月11日19時22分  スポーツ報知
  • 建設中の国立競技場

 2019年に開幕する天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の決勝戦が2020年1月1日(水・祝)に国立競技場で開催されることが分かった。国立競技場での天皇杯決勝は第93回大会以来6年ぶりで、東京都内での開催は第95回大会の味の素スタジアム以来4年ぶりとなる。

 本イベントは公益財団法人日本サッカー協会が主催し、同年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の運営準備に向けて組織委員会におけるオペレーションの確認も行われる予定。また、2019年11月末に完成予定の新国立競技場にとっては、本試合が対外的に行う初めてのスポーツ競技大会となる。

 大会には88チームが出場し、ノックアウト方式で行われる。

国内サッカー
注目トピック