【甲府】横浜Cの歓喜を阻止だ

2018年11月17日6時5分  スポーツ報知
  • 指示を出す上野監督(左から2人目)

 J2ヴァンフォーレ甲府が、最終節のホーム・横浜C戦(17日・中銀スタ)で意地の白星を挙げる。16日は中央市内で最終調整。攻守のセットプレーの確認などを行った。リーグ最終戦に向け、上野展裕監督(53)は「大事な最終戦で、しかもホーム。勝ちきりたい」と決意を述べた。

 甲府としては是が非でも勝利したい。元日本代表FW三浦知良(51)を擁する横浜Cは4位。最終節に勝てば他力ではあるが、J1自動昇格(2位以内)だけでなくJ2優勝の可能性もある。相手に勝ち点3を許せば、本拠地で歓喜のシーンを目の当たりにする屈辱を味わうかもしれないのだ。

 1年でのJ1復帰は消滅したが、昨季まで5年連続でJ1に在籍したクラブの意地にかけても、簡単に昇格を許すわけにはいかない。指揮官は「相手が喜ぶ瞬間を(目の前で)見たくはない。全員一丸となってベストを尽くす」と力を込めた。(三須 慶太)

国内サッカー
注目トピック