松本がJ2初優勝、大分2位で昇格決定…町田4位でJ1長崎の降格決まる

2018年11月17日17時58分  スポーツ報知
  • J1参入プレーオフ進出を決めた三浦知良(左から2人目)ら横浜Cイレブン

 ◆明治安田生命J2リーグ最終節(17日)

 明治安田生命J2リーグは17日、各地で最終節が行われ、前節首位の松本がホームで徳島と0―0で引き分けて勝ち点77に伸ばし、J2初優勝でJ1昇格を決めた。2位は大分で、山形とのアウェー戦で試合終了間際に追いつかれたが、1―1で引き分けて勝ち点76とした。

 勝ち点76では大分、横浜C、町田の3チームが並んだが、得失点差で大分が2位、横浜Cが3位、町田が4位となった。

 J1参入プレーオフには3位の横浜C、5位の大宮、6位の東京Vが登場する。町田はJ1ライセンスを持っておらず、プレーオフに参加できない。

 またJ1ライセンスがない町田の自動昇格圏内入りが消えたことで、J1最下位・長崎のJ2降格が決定した。

 J2最下位に終わった讃岐はJ3降格が決定。21位の熊本はJ3の2位チーム次第で残留か降格が決定する。

 ◆J1参入プレーオフ日程

 ▽1回戦 11月25日(日)大宮―東京V(NACK5)

 ▽2回戦 12月2日(日)横浜C―1回戦の勝者(ニッパツ)

 ▽決勝 12月8日(土)J1・16位―2回戦の勝者(J1のホーム)

国内サッカー
注目トピック