【名古屋】玉田圭司が退団「刺激的な2年間だった」

2018年12月7日6時5分  スポーツ報知
  • 玉田圭司

 J1に残留した名古屋は6日、元日本代表のFW玉田圭司(38)が契約満了で退団すると発表した。

 2010年名古屋のJ1初制覇メンバーの玉田は、17年にC大阪から復帰。今季は24試合3得点で、J1通算100得点まであと1だった。玉田はSNSで「突然だったので、頭を整理するのに時間がかかった。ねぎらいの言葉が1つもなかったことにはガッカリしたが、刺激的な2年間だったので前を向いていきたい」と現役続行に意欲。関係者によると、GK楢崎正剛(42)とFW佐藤寿人(36)も退団濃厚で、楢崎にはJ2京都から獲得オファーが届いている。

国内サッカー
注目トピック