【鹿島】三竿健斗、恥骨関連そけい部痛全治6週間

2018年12月7日6時5分  スポーツ報知
  • 三竿健斗

 J1鹿島は6日、日本代表MF三竿健斗(22)が恥骨関連そけい部痛で全治約6週間と診断されたと発表した。

 11月の日本代表活動後にチームに合流し、そけい部の痛みが悪化したという。15日からのFIFAクラブW杯(UAE)だけではなく、来年1月に控える日本代表のアジア杯(UAE)の参加も絶望的で、2大会ぶりのアジア王者奪還を目指す日本代表の森保一監督(50)にとっても痛手となりそうだ。

国内サッカー
注目トピック