【磐田】中村俊輔、契約は「白紙」…来季現役続行は明言

2018年12月9日6時5分  スポーツ報知
  • サポーターにあいさつする中村

 ◆J1参入プレーオフ決定戦 磐田2―0東京V(8日・ヤマハ)

 J1とJ2の入れ替え戦は、J1・16位の磐田がU―21日本代表FW小川航基(21)の先制PK弾など2―0でJ2・6位の東京Vに快勝し、J1残留を決めた。名波浩監督(46)は試合前日まで4日連続で完全非公開練習を行う必勝態勢で、右太もも裏痛の日本代表FW川又堅碁(29)と5日に捻挫したMF中村俊輔(40)の先発落ちを隠すことに成功。試合後は16位に終わった責任を痛感し、自らの進退を保留した。

 俊輔は来季も現役続行する意思を明らかにした。右足首を痛めながら2―0で後半ロスタイムに出場し、ボールタッチは1度。だが、最後まで勝利のため守備に貢献した。残留を決めると静かに喜びをかみしめた。今後について「(元日本代表GK川口)能活さんの(引退の)ニュースが入って自問自答した。もう少しやりたい。やらなきゃと思う」と現役続行を明言した。

 今季は出場16試合で先発は12戦。だが、4度の離脱を繰り返し「リーグ戦0得点だし、名波さんやサポーターに申し訳ない」と唇をかんだ。「今年(契約が)切れるので、クラブからどうなるかは分からない。白紙」と話すにとどめた。

国内サッカー
注目トピック