【C大阪】ロティーナ新監督を発表「誇りをもてるような1年にしたい」。今季東京Vを指揮

2018年12月14日13時19分  スポーツ報知
  • ロティーナ氏

 J1のC大阪は14日、来季の新監督に、今季J2東京Vを率いたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(61)が就任すると発表した。海外指導経験が豊富で守備戦術に定評のある同監督は、スペインでエスパニョール、セルタなど名門クラブを指揮。2017年から東京Vの指揮を執り、昨季はJ2で18位だった東京Vを5位に引き上げた。今季も6位ながらJ1参入プレーオフに進出。J1とJ2の入れ替え戦に当たる決定戦では磐田に敗れ、11年ぶりのJ1昇格を逃し、9日に退任が発表されていた。

 ロティーナ氏はC大阪を通じて「オラ!ブエノス・ディアス!私は、ミゲル・アンヘル・ロティーナです。全てのセレッソのサポーターの皆さんにメッセージを送らせていただきます。1か月後の来年1月から私たちは、セレッソ大阪で始動します。チームを指揮することに、大きな責任を感じています。何故なら、私たちはセレッソの歴史を知っているからです。しかし同時に、良いシーズンにしたいという大きな希望と意欲も持っています。選手、スタッフ、サポーターの皆さん、セレッソに関わる全ての人にとって良いシーズンにしたいです。サポーターの皆さんが、チームの働きに誇りをもてるような1年にしたいです。大阪で会えることが楽しみです」とコメントした。

 C大阪は尹晶煥監督(45)の下、昨季はチーム初タイトルとなる天皇杯とルヴァン杯の2冠を獲得した。だが、今季は7位に終わり無冠に終わり、尹監督は契約満了で退任した。

国内サッカー
注目トピック