【高校サッカー】青森山田が決勝進出!敗れた尚志FW伊藤からMF檀崎に「優勝しろよ」

2019年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 後半、ボレーシュートを放つ青森山田・檀崎(中央、カメラ・小林 泰斗)

 ◆第97回全国高校サッカー選手権第6日 ▽準決勝 青森山田3(PK4―2)3尚志(12日、埼玉スタジアム)

 2年ぶりの優勝を目指す青森山田(青森)と尚志(福島)による58大会ぶりの「東北対決」は、3―3からPK戦にもつれこむ大接戦となった。5本中4本を決めた青森山田が4―2で勝利し、流通経大柏(千葉)との決勝(14日14時5分、埼玉)に進んだ。J1札幌内定のMF檀崎竜孔(りく、3年)は1ゴール1アシストの活躍。ベガルタ仙台ジュニア時代共にプレーした尚志のFW伊藤綾汰(3年)から全国制覇の夢を託された。尚志は初の決勝進出を逃すも、仲村浩二監督(46)は持ち味のパスサッカーを最後まで貫いた選手たちをたたえた。

 決めれば勝ち―。PK戦5人目のキッカーは、強心臓の1年生・DF藤原優大。右足から放たれたボールはネットに突き刺さり、歓喜の瞬間が訪れた。2年ぶり3度目の決勝進出。青森山田の選手たちが応援団の待つ観客席へ駆け出す中、檀崎はベガルタ仙台ジュニア時代の仲間へと駆け寄った。尚志の背番号10・伊藤から「優勝しろよ」とひと言。同じ10番を背負う檀崎に、全国制覇の夢が託された。

 58大会ぶりとなる東北同士の準決勝は、歴史に残る死闘となった。前半26分に尚志FW染野唯月(2年)に先制されたが、後半11分、MFバスケス・バイロン(3年)がPKを獲得。キッカーの檀崎が冷静に仕留め同点にすると、同18分にも檀崎のCKからJ2福岡内定のDF三国ケネディエブス(3年)が頭を合わせて一時勝ち越した。

 しかし、後半23分、30分と染野に続けて決められ、逆転を許した。追い込まれた青森山田。それでも「奇跡の男、お祭り男」と黒田剛監督(48)が送り出したFW小松慧(3年)が交代から61秒後に起死回生の同点弾。PK戦へ持ち込み、勝利をつかんだ。檀崎は、「尚志は本当に強かった。(伊藤)綾汰と、このピッチで戦えてよかった。(思いも背負って)優勝を決めたい」と思いを語った。

 決勝の相手は、昨年準優勝の流通経大柏(千葉)。世代最高峰リーグのプレミアリーグEASTでもしのぎを削るライバルだ。「間違いなく激しい試合になる。それでも、絶対に自分たちが勝てると信じている」と檀崎。頂点まであと1勝。友の思いも胸に、必ず東北に優勝旗を持ち帰る。(小林 泰斗)

国内サッカー
注目トピック