【仙台】新ユニホームは流れ星をイメージ ベガッ太などキャラクターもプリント

2019年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 新ユニホームを披露する(左から)永戸、椎橋、関、川浪、ユースの金子、ベガッ太

 J1ベガルタ仙台は12日、仙台国際センターで新入団選手の会見と新ユニホームのお披露目を行った。

 今季の新ユニホームは「地域の中心として、さらに進化していく」という思いを込めて、流れ星をイメージしたデザイン。左下にはクラブ創設25周年ということでベガッ太などのキャラクターもプリントされた。MF椎橋慧也(21)が「ピッチで輝けるようにしたい」と語ると、GK関憲太郎(32)は「今すぐ飛んで行っちゃうくらい軽い。ちょっと何言っているか分からないですけど」とお笑い芸人風に語り、サポーターの笑いを誘った。

国内サッカー
注目トピック