G大阪が川崎撃破 宮本監督「危機感を持って取り組んだ結果」

2019年3月17日23時4分  スポーツ報知
  • 川崎戦のG大阪スタメン

◆明治安田生命J1リーグ第4節 川崎―G大阪(17日、等々力)

 G大阪は後半アディショナルタイムに日本代表DF三浦弦太(24)が決勝ゴールを挙げ、2連覇中の王者・川崎に競り勝った。勝利したルヴァン杯・松本戦(13日)と同じく、本来センターバックのDF三浦を右サイドバック(SB)、MF遠藤をトップ下に置いた4―2―3―1でスタートすると、守備で高い集中力を発揮。攻撃はFW黄とアデミウソンの推進力を生かしたカウンターが中心だったが、試合終了際に左サイドバックのDF藤春がオーバーラップしてクロスを送り、これを右サイドバックの三浦が押し込んだ。今季初の完封に、宮本恒靖監督(42)は「ここまで本当に失点が多く(前3試合8失点)て、意図するようなシーズンのスタートじゃなかったが、選手も危機感を持って取り組んだ結果、こういった試合になったと思う」と語っていた。

G大阪の採点と寸評は以下の通り

宮本恒靖監督【6・5】

川崎対策がはまり無失点。狙い通り

GK〈1〉東口順昭【6・0】

シュートコースが限定されていれば、簡単に失点しないことを証明した

DF〈4〉藤春広輝【6・5】

試合最終盤のスプリントで決勝アシスト。最後に大仕事をやってのけた

DF〈5〉三浦弦太【6・5】

慣れない右SBで序盤は後手踏んだが後半は対応。決勝点も挙げMOM

DF〈13〉菅沼駿哉【6・5】

今季リーグ戦初先発で無失点に貢献

DF〈19〉金英権【6・0】

随所に強さ披露。本領発揮も近いか

MF〈7〉遠藤保仁【6・0】

相手に支配される中でもボールを持てば逆を取るパスで時間を創出した

MF〈8〉小野瀬康介【6・0】

ハードワークに加え、中央でチャンスに絡むプレーも板についてきた

MF〈10〉倉田秋【6・0】

ボランチとして速いプレスは魅力的。攻撃で怖さも出せるようになれば…

MF〈28〉高宇洋【6・5】

粘り強い守備で無失点の立役者に。今野不在でもやれることを証明した

FW〈9〉アデミウソン【6・5】

ボールロストは多いが、アイデアあふれる突破は魅力。守備でも奮闘

FW〈16〉黄義助【6・0】

シュートは0だったが、常にDFに恐怖心を与える存在ではあった

FW〈39〉渡辺千真【―】

時間短く採点なし

MF〈14〉米倉恒貴【―】

時間短く採点なし

国内サッカー
注目トピック