岡崎にレスターのピュエル監督が異例のラブコール「チームにとって価値のある選手」

2018年1月10日16時18分  スポーツ報知
  • レスターの岡崎慎司

 契約切れまであと1年半も、異例のラブコール。英レスター監督が岡崎慎司(31)を高評価。「彼がここの選手であり続けることは良いことだ」

 イングランド1部・レスターのピュエル監督が9日までに、FW岡崎慎司との契約更新について聞かれ「岡崎がここの選手であり続けることは、チームにとっても彼にとっても良いことだ」とラブコールを送った。

 岡崎とレスターとの契約は19年夏まで残っている。フランス人指揮官は「選手とクラブがまず話し合うことが先決。それに今回の移籍期間中に決めなくてはならない優先事項ではない」と前置きした上で、「岡崎はチームにとって価値のある選手だと私は思っている。彼もレスターの選手でいることにハッピーだ。だから岡崎にとってもチームにとっても、彼がここの選手であり続けることは良いことだ」とラブコールを送った。

 岡崎は1月1日のハダーズフィールド戦後のインタビューで、昨年10月に家族がロンドンからレスターへ引っ越してきたことを明かしたばかり。日本代表へ返り咲きを目指す上でも、指揮官が高評価を与えていることはプラスに働きそうだ。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)