エイバル乾、ベティスへ移籍か 地元メディア報じる

2018年3月14日7時10分  スポーツ報知

 【マドリード(スペイン)12日=岡野誠子】エイバルの日本代表MF乾貴士がクラブとの契約を更新せず、ベティスへの移籍を決めたと12日、同国の複数のメディアが報じた。エイバルで3季目を迎えた乾はメンディリバル監督の下で先発に定着。指揮官と信頼関係を築いたにもかかわらず、同監督の契約が満了することも移籍に影響したと伝えている。

 乾は15年にドイツ1部フランクフルトから3年契約で加入。地元メディアによると、エイバルからも大幅な年俸アップなどのオファーを受けており、2月に契約延長の意思を示していた。だがベティス側が提示した条件は、これを上回ったとみられる。報道によると、乾は12日の練習でチームメートに移籍する事実を伝えたという。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)