【欧州CL】レアルが4強!Cロナ延長目前PK弾で大会史上初の3連覇へあと2

2018年4月13日7時0分  スポーツ報知
  • PKを決めたC・ロナウド(C)ロイター

 ◆欧州CL ▽準々決勝第2戦 Rマドリード4―3ユベントス=2戦合計4―3でRマドリードが準決勝進出=(11日、マドリード)

 3連覇を狙うRマドリード(スペイン)とバイエルン(ドイツ)が準決勝に進んだ。Rマドリードはホームでユベントス(イタリア)に1―3で敗れたが、2戦合計4―3。バイエルンはホームでセビリア(スペイン)と0―0で引き分け、2戦合計2―1。リバプール(イングランド)、ローマ(イタリア)を合わせて4強が出そろい、13日に準決勝の組み合わせ抽選が行われる。

 レアルは延長突入目前の後半ロスタイムにPKを獲得。ポルトガル代表FWのC・ロナウドが決めて、辛くも準決勝に進んだ。序盤から守備が乱れてホームで3失点。10日にバルセロナ(スペイン)が第1戦で得た3点のリードを守れずに敗退したのと同様に追い付かれる展開となったが、振り切った。

 ジダン監督は「最高峰の戦いで何が起こってもおかしくない。でも敗退するとは一度も思わなかった」と涼しい表情で言った。国内リーグは4位と不振で、CLが今季残された唯一のタイトルだ。大会史上初となる3連覇へあと2勝。大きなヤマ場を越えた王者が、ここ5年で4度目となる頂点を目指す。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)