イニエスタ「素晴らしい22年間」胴上げでバルサに別れ

2018年5月22日6時0分  スポーツ報知
  • バルセロナイレブンから胴上げされるイニエスタ(ロイター)

 ◆スペインリーグ最終節 バルセロナ1―0Rソシエダード(20日・バルセロナ)

 すでに優勝を決めているバルセロナはホームでRソシエダードを1―0で破った。アルゼンチン代表FWメッシは後半22分から出場。無得点も今季34得点で、2位のC・ロナウド(Rマドリード)に8点差をつけて得点王に輝いた。J1神戸移籍が内定しているスペイン代表MFイニエスタは先発し後半37分に交代。試合後の退団セレモニーでスピーチしたが、自らの去就には触れなかった。

 後半37分、バルサのピッチを後にするときが来た。イニエスタはキャプテンマークをFWメッシに託すと、超満員の拍手に包まれてFWアルカセルと交代した。「素晴らしい22年間をここで過ごしてきた。このエンブレムをつけてプレーできたのは誇りであり、喜び」。試合後はバルサの選手たちがイニエスタの背番号8のユニホームを着て登場。その後ピッチに登場し、最後は胴上げされた。21日はロシアW杯のスペイン代表23人が発表され、DFセルヒオラモス(Rマドリード)らとともに名を連ねた。

 すでにJ1神戸移籍で合意し近日中に来日予定だが、去就については表明しなかった。下部組織から通算22年をバルセロナでプレーし、公式戦出場674試合はクラブ史上2位。メッシと並ぶ32個ものタイトルを獲得した男が、いよいよ日本にやってくる。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)