パナマ、W杯戦士15人も調整不足認めた「全員での練習ができていない」

2018年10月12日6時8分  スポーツ報知
  • 公式会見に出席したパナマ代表のガリー・ステンペル監督(カメラ・竜田 卓)

 ◆国際親善試合 日本―パナマ(12日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 W杯メンバーを15人招集したが、時差ボケや長距離移動による疲労に加え、来日が遅れた選手もいる。ステンペル監督は「全員での練習ができていない状況。ベストの状態でないのは事実」と調整不足を認めた。

 初のW杯は3連敗に終わったものの、国民からの関心は格段に高まっており、「できるだけいいパフォーマンスをし、パナマ代表のイメージを高めたい」と意気込んだ。

海外サッカー
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ