DF長友、試合前に家族の写真見て奮闘「金髪にしてから勝利継続中(笑)」

2018年6月20日7時24分  スポーツ報知
  • 後半、ボールに飛びつく長友

  ◆ロシアW杯1次リーグH組 日本2―1コロンビア(19日、サランスク)

 長友の90分間のファイトの裏には家族の支えがあった。試合前に家族の写真を見てからピッチに立ったことを明かした。試合後の取材対応エリアで家族の存在が励みになったか聞かれると、「それはもうなりますよ。試合入る前に家族の写真見て、頑張っていくよと」。妻で女優の平愛梨さんは長友が事前合宿中に金髪にしたのを受け、自らも金髪にして、同じ気持ちで戦った。今年2月には長男も誕生。4年前のブラジルW杯は独身で臨んだ大会だったが、今回は既婚者となり、背負うべき家族の存在が自らのプレーを後押ししてくれた。

 前半18分。左サイドで相手MFのJu・クアドラド(ユベントス)の突破をストップ。自然とガッツポーズが飛び出した。昨年12月にロシアW杯1次リーグでコロンビアと同組になってから、対峙(たいじ)するセリエAでユベントスのJu・クアドラドの映像を何度もチェックしていたという。「ガッツポーズも自然と。今、言われて確かにやってたなって」と自然と出たものだと話した。

 大会前にはW杯メンバーの平均年齢が高いと言われ、「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」とツイッターで投稿。それが炎上する騒ぎもあった。「あれだけ大会前にたたかれたら、意地でもオッサン連中が頑張らないと」と、意地を見せた。金髪にしてからは2戦2勝。「金髪にしてから勝利継続中なんで(笑)」。2大会ぶりの決勝トーナメントへ背番号5の活躍は不可欠だ。

日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ