エジプトのエース・サラーが出場へ

2018年6月15日7時0分  スポーツ報知
  • 公式練習で笑顔を見せるサラー(ロイター)

 エジプトのエースで、5月下旬に左肩を負傷したサラーが15日のウルグアイとの初戦に間に合う見込みとなった。14日の記者会見でクーペル監督が「回復が早い。今日のトレーニング次第だが、初戦のピッチに立つことになるだろう」と話した。

 サラーはイングランド・プレミアリーグのリバプールでプレーし、今季のリーグ得点王に輝いた。5月26日に行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝で相手選手と交錯して左肩を痛め、復帰まで約3週間の見通しだった。初戦の会場での全体練習にも参加し、クーペル監督は「23人全員ピッチに出てW杯に戦う準備ができている」と自信を口にした。

各国情報
今日のスポーツ報知(東京版)