セネガル監督、布陣など「構成は試合ごとに変える」…日本は4―4―2想定

2018年6月24日0時14分  スポーツ報知
  • 公式会見で、報道関係者にサムアップポーズを見せるセネガルのシセ監督

 ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本―セネガル(24日、エカテリンブルク)

 24日に日本と対戦するセネガル代表のシセ監督が23日、公式会見に出席した。ともに初戦を白星で飾ったチーム同士の対戦。「接戦になりそう。両チームとも勝ちたいと思っている。この試合に勝った方がほぼベスト16に入ることが決まるわけですから」と日本戦を見据えた。

 選手、布陣、戦術の変更についての質問も飛んだ。「(チームの構成を変える)可能性はある。たくさんの日本の記者が(会見に)来ている。我々は当然、セネガルの計画をここで明かすことはしない。試合になったら、どんな先発になるかそこでわかるだろう。23人のプレーヤーはすべて先発で出る可能性がある。(布陣は)4―2―3―1でも、4―3―3でもいける。構成は試合ごとに変える。明らかになるのは明日」と話した。

 日本はセネガルを初戦と同じ4―4―2の布陣でくると想定して調整している。もしかすると、シセ監督は日本対策用の別の布陣を採用する可能性がある。24日の天気予報は晴れ。気温は高くなると言われている。暑ければセネガル有利との声も飛んだが、「私たちはセネガルから来た。雪よりも暑さになれている。どのような天候であろうと、マイナス15度でも、45度であろうとも私たちは試合をします。どんなコンディションでも試合をする準備はできています」。日本戦への準備は万全であることをのぞかせた。

各国情報
注目トピック