ベルギー、攻撃力復活なるか? イングランドはキッカー・トリッピアーの回復カギ

2018年7月14日20時0分  スポーツ報知
  • 和気あいあいとした雰囲気で最後の調整をするベルギー代表(ロイター)

 ◆W杯ロシア大会▽3位決定戦 イングランド―ベルギー(14日・サンクトペテルブルク)

 1次リーグG組最終戦と同じ顔合わせ。前回対戦はベルギーが1―0で制したが、ともに16強進出決定後だったため選手を大きく入れ替えていた。3位ならベルギーは86年大会の4位を上回る過去最高、イングランドは66年大会の優勝に次ぐ成績となる。

 フランスとの準決勝で初の無得点に終わったベルギーは、持ち前の攻撃力がよみがえるか。E・アザールのドリブル突破や鋭いカウンターから好機を作りたい。イングランドは12得点中9得点がセットプレーだが、キッカーのトリッピアーが準決勝のクロアチア戦で負傷。回復具合が勝敗を左右するかもしれない。

各国情報
今日のスポーツ報知(東京版)