イングランド、先発5人替えパスつなげず

2018年7月16日6時0分  スポーツ報知

 ◆W杯ロシア大会▽3位決定戦 ベルギー2―0イングランド(14日・サンクトペテルブルク)

 力の差を見せつけられた。イングランドのサウスゲイト監督は「最高峰のチームには力が及ばなかった」と敗戦を受け入れた。準決勝から相手より短い中2日で迎えた一戦。先発5人を入れ替えたが、連係不足で効果的にパスをつなげず。前半4分にサイドを崩されて先制点を許した。後半に守備的MFのダイアーが決定機を作るなど反撃を見せるも、ゴールは奪えなかった。6得点で得点ランク首位のケインも準々決勝から3試合無得点。攻撃は最後までかみ合わないまま、ベルギーの速攻に完敗した。先発7人が25歳以下の若いチームを率いた指揮官は「勝った試合も負けた試合も多くのことを学んだ。現実を見つめて課題を改善していきたい」と古豪復活を見据えた。

 ○…ケインは通算6ゴールのまま大会を終えた。決勝を残したフランスのグリズマンとエムバペとは3点差。得点王が有力な情勢で「決勝で誰もハットトリックしないことを願うよ」と冗談っぽく話した。得点王に輝けばイングランドでは1986年メキシコ大会のリネカー以来。W杯初出場の24歳は「このレベルで得点できると証明したかったので、誇りに思う」と一定の満足感を口にした。

各国情報
今日のスポーツ報知(東京版)