清宮監督「絶対に勝ちたかった」ヤマハ発動機、サントリーに完敗

2018年1月7日11時14分  スポーツ報知
  • 今月3日のチーム練習で指揮を執る清宮監督
  • サントリー戦でヤマハ発のマレ・サウ(手前)が唯一のトライを奪う

 ◆ラグビー日本選手権 ▽準決勝 サントリー49―7ヤマハ発動機(6日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 ヤマハ発動機はサントリーに7トライを奪われて完敗。清宮克幸監督(50)は「絶対に勝ちたい試合だった」と振り返った。

 会見後の囲み取材だった。親交のあった星野仙一氏(享年70)への思いを報道陣から求められ、「男として魅力のある人でした」と故人を悼んだ。そして「先週父を亡くしました」と明かした。先月29日に79歳だった父・幸一さんが亡くなり、31日に葬儀を行った。義母の中江千恵さんも今月4日に亡くなり、6日はお通夜だった。そんな中で臨んだ大一番だったが、無念の黒星。指揮官は「3位決定戦は勝って終わりたい」と13日のトヨタ自動車戦を見据えた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ