【高校ラグビー】東海大仰星・湯浅監督、就任5年目3度V 土井前監督「攻略法早い」

2018年1月9日7時0分  スポーツ報知
  • 大阪対決を制し、歓声に応える東海大仰星・湯浅監督

 ◆第97回全国高校ラグビー最終日 ▽決勝 東海大仰星27―20大阪桐蔭(8日、花園ラグビー場)

 東海大仰星(大阪第2)が27―20で大阪桐蔭(大阪第1)との19大会ぶり、戦後2度目の大阪同士の決勝を制し2大会ぶり5度目の優勝を果たした。湯浅大智監督(36)は就任5年目で自身3度目のVとなり、恩師の土井崇司前監督(58)=東海大学付属高校・学園ラグビーコーディネーター=はその指導力を高く評価した。

 仰星の花園V回数と同じ5度、湯浅監督がフィフティーンに胴上げされた。「子どもたちを誇りに思う。ありがとうと言いたい」。国内外の試合を見て興味深いプレーがあれば、その試合に出場していたOBに電話してプレーの意図を聞く。向上するためには教え子にも教わる謙虚な姿勢を欠かさず、頂点をつかんだ。

 試合前日には選手たちによる「シミュレーションミーティング」を行っている。有利不利、さまざまな局面を想定し、時には4~5時間に及び相手を“丸裸”にする。21―14でAシードの東福岡を下した準決勝も、トライを3本取ってから2本取られるという“想定内”の試合を勝ち切った。

 湯浅監督が主将だった99年度の初Vと06年度のV2時を率いていた土井崇司前監督は、胴上げの様子をテレビで見届けた。「格別。今季は春から弱いと言われた中、よく頑張った。湯浅監督は相手の陣形を見て、早く攻略法を見つけることに優れている。(選手)当時から、試合に勝つという目標に向かって青写真を描く力があった」と評価した。優勝回数で自身の2度を超えられたが「抜かれるのが嫌なら監督を託していない。どんどん新しい歴史をつくってほしい」とエールを送った。

 ◆湯浅 大智(ゆあさ・だいち)1981年9月8日、大阪市生まれ。36歳。東海大仰星高では2、3年時にフランカーで花園出場し、主将を務めた99年度に初優勝。東海大では副将と主務を兼務。卒業後の04年度、保健体育教諭となり母校に赴任。同年度からラグビー部コーチを務め、監督就任1年目の13年度に花園初優勝。163センチ、85キロ。家族は妻と1男2女。趣味は音楽鑑賞と料理。

 ◆東海大仰星 1983年創立の私立校。生徒数は1116人(女子406人)。ラグビー部は84年創部で部員103人。全国高校大会は第72回大会(92年度)に初出場し、第79回大会(99年度)で初優勝。主なOBはプロ野球の上原浩治、元ラグビー日本代表の大畑大介氏、15年ラグビーW杯日本代表フッカー木津武士(神戸製鋼)ら。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)