近鉄が13季ぶり降格 トップリーグ総合順位決定戦

2018年1月13日13時44分  スポーツ報知

 トップリーグの総合順位決定戦の第2節(最終節)が13日、各地で行われた。関西対決となった15、16位決定戦は大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、日本選手権優勝3度の古豪・近鉄がNTTドコモに13―21で敗れて16位(最下位)が決定。13季ぶり2度目の下部リーグ・トップチャレンジへの自動降格となった。

 1929年創部の近鉄は04年度に初降格し、下部リーグ3季を経て08年度からトップリーグに復帰していた。勝って自動降格を免れたNTTドコモは15位となり、入替戦に回る。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)