PFU、2018年白星スタートで6連勝!

2018年1月13日20時8分  スポーツ報知
  • 得点に喜ぶPFUの(左から)宇田、江畑、ドリス

 ◆バレーボールVチャレンジリーグ1 PFU3―1JAぎふ(13日・小松総合体育館)

 2位のPFUブルーキャッツは、ホームでJAぎふを3―1で下し、今年の初戦を勝利で飾った。昨年から6連勝となり、3ポイントを積み上げ通算22とした。

 身長196センチのミドルブロッカー、ジェニファー・ドリス(29)が、アタックでチーム最多18点、ブロックでも6得点と活躍。しかし第1、2セットを連取したが、第3セットを落とし、ストレート勝ちはならなかった。

 この日は優勝を争う岡山も3―0で勝利し、23ポイントで首位をキープ。3―0、3―1の勝利はともに3ポイントだけに、PFUの寺廻太監督(59)は「『悪くても3―1で勝とう』と話していたので、最低限のことはできた」としながらも、「3セット目を取られたのは反省しないと」と指摘。14日のKUROBEとの“北陸ダービー”(午後1時、小松総合体育館)へ、気を引き締めていた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ